FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ちょっとHな帰り道ー3

    しおり「こ、こんなことダメだよ。私達女の子同士なんだよ?」

    すみれ「とか言いつつ、もっとしてほしいんでしょ?」

    しおり「あっ……んんっ、ち、っぁん………」

    すみれ「乳首がほら、嬉しそうにタってるよ?」

    しおり「ぁああ……い、いや…………ダメぇ……」

    すみれ「素直になっちゃおうよ。
       正直に言ってくれればもっと気持ち良くしてあげるのに」


    しおり「んっ……ぁああ…………ひゃっ……!」

    不意に乳首に突き刺すような快感が走って、彼女は思わず喘ぎ声を漏らす。
    レインコート越しに勃起した乳首に後輩がしゃぶりついたのだ。
    快感に立ち上がった胸の突端を吸い上げられ、しおりは背中を反らした。

    しおり「ぁあああんっ…………いやぁ! んんっ……やめてぇ…………!」

    すみれは唇をすぼめると、そのまま断続的に乳首を吸い続けた。



    さらにすみれの攻めは続く。
    乳首を吸い上げるだけに留まらず、舌先でチロチロとなめあげる。

    しおり「んっ、あぁああ……! いやあぁ……! 乳首がぁっ…………!」

    すみれ「んちゅっ……ふふ。レインコートが気持ち良くなっちゃった?」

    しおり「ち、ちがうの……そうじゃ……ひゃんっ……!?」

    今度は左乳首に甘い快感が走る。
    すみれが左乳首を口に含んで舌で転がす。
    再び悲鳴が口から漏れる。

    しおり「んぁあっ…………いやぁ……だ、めぇ……!」

    すみれ「しおりちゃんったらレインコートでこんなに乱れちゃうなんて、いやらしいですね。
       実はこういうふうにいぢめてもらうのが好きですか?」

    すみれが言いつつ、乳首をリズミカルに押してくる。
    不意にレインコートを捲られる。

    しおり「ひゃっ…………ダメぇ……やめてぇ、っ……ああああああんっ…………!」

    今度は股間に快楽が来た。
    すみれがしおりの桃真珠にむしゃぶりつく。
    もっとも快感が集中する陰核を攻撃され、しおりは今までで一番の悲鳴を上げた。

    すみれ「んちゅっ……どう?
       あそこなめられて気持ち良くなっちゃいますか?」

    しおり「いゃああっ……んんっ…………ちがう、のおっ!」



    しおり「はあはあ……いゃああっ……ああああんっ……はうぅっ…………いゃあ……!」

    すみれ「ふふふ、しおりちゃんは激しいねえ。アソコ、すごいことになってるよ」

    すみれの言うとおりだった。
    彼女の膣穴は快感に赤く染まり、淫汁を溢れさせていた。
    すみれが舌だけでなく指で軽くつついてやるだけで、さらに蜜を漏らした。

    しおり「んひいぃっ……ゃあっ…………つつくのだめぇ……!レインコート汚れちゃう…」

    不意に異物感が股間から込み上げて来る。

    しおり「いゃぁっ……なにぃ…………?」

    すみれ「わたしがもっと気持ち良くしてあげる」

    すみれの中指がゆっくりと蜜壺に沈んでいく。
    が、それほど深く入っているわけではない。
    むしろ浅いぐらいだろう。指先程度しかぬかるみにつかっていない。
    そのまま、すみれはリズミカルに女穴をタッチして刺激していく。

    しおり「ひゃぁああっ……い、ぃやああ…………ぁひぃっ……くふぅっ……だめぇ…………それだめぇ!」

    ぴちゃぴちゃと卑猥な音を立てて、しおりの女性器が蜜を穴から出しレインコートを濡らしていく。



    不意に膣をつついていた指がクリトリスにそえられる。

    しおり「ま、まってぇ……そこは…………!」

    すみれ「しおりちゃんはクリトリス攻められるの大好き?」

    言うが早い。
    すみれはクリトリスを指で押さえ付けると左右に微動させはじめた。
    たちまち陰核が勃起して固くなる。

    しおり「いゃああああっ……!」




    クリトリスから発生する快感はあまりに劇甚だった。
    しおりは自分の足が無意識に快楽をもとめて開かれていることに気づいていない。

    しおり「いゃああああっ……ああああんっ……やめてえぇぇっ……」

    すみれ「いやです。もっといじめてあげます」

    膣からあふれる蜜の量はもはやさっきとは比較にならない。
    股間を伝い落ちた蜜は、そのまま彼女の尻穴までも濡らした。

    ぬちぬちぬちぬちぬちっ……

    しおり「いゃああっ……なにか…………なにかきちゃううぅっ……んひいぃっ……」悲鳴がとまらない。
    なにか、そう、尿意にも似た感覚が股間から生じていた。
    しおり「んぁああ……なにかぁ…………なにかきちゃううぅっ!!」

    すみれ「いいよ。せっかくだから来ちゃいましょうか」

    すみれの指の動きが激しくなる。
    固く勃起した肉真珠が、朱色に染まって快感を吸収する。

    しおり「ああああああんっ…………だめえええやめてええええぇ!」

    不意にしおりが身体をびくりと震わせる。
    突き抜けるような快感。身体が痺れる。視界が明滅する。


    ぷしゃああああああ……





    しおりの尿道から大量の潮が吹き出て、二人のレインコートを汚した。

    すみれ「ふふふ、しおりったらいやらしいんだから。
       こんな簡単に潮吹いちゃうとか、なかなかないよ?」

    しおり「はあはあ……」

    すみれの声がやけに遠くに聞こえる。
    全身に汗をうっすらと浮かべたしおりは肩で息することしかできなかった。

    すみれ「ふふ、またやろうね、しおりちゃん」

    雨と愛液でびしょびしょのレインコートを着たまますみれは笑った。
    関連記事
    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

    comment

     ▼コメントを投稿する

    管理者にだけメッセージを送る

    プロフィール

    あつ

    Author:あつ
    子供のころからレインコートが好きです。
    通学用レインコートから、透明レインコート、ビニールレインコートなど大好きです^ω^

    長靴も好きで条件が合えば履いて外出してます。
    あんまり声を大にして話せない趣味というのが辛いです…

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。