FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    風物詩?-1

    5月の終わりのこと。
    学校では中間テストの返却期間になっていた。

    「うぇ…赤点が二個かぁ…なんてこったい」

    カナは頭を抱えながら、彩の席に向かった。

    「彩は赤点あったか~?」
    「数学一個だけだよ…」
    「チッ…わたしは彩以下か、まあいいや赤点仲間よ!」
    「やな仲間だねそれ」

    授業の後にそんな話をしていると、先生が入ってきて帰りのHRが始まった。

    「え~、今年から中間テストで赤点があった人はペナルティーとして、プールの掃除をすることになりました~(パチパチ」

    眩しい笑顔で先生は言ったが、生徒の反応はいま一つだった。
    「ありゃ?もっと騒ぐと思ったのに~…まあいいわ!今日はおしまい~」

    生徒が各々「今回簡単だったし赤点とかいないんじゃない?」などと話しながら帰り支度をし始める中、カナと彩は固まっていた。

    彩カナ「「どうしてこうなった…」」
    「せんせー、ど~ゆ~ことですか~?」

    「あら、あなた達は赤点あったの?二人も増えるなんて頼もしいわぁ~」

    「増える?」

    「毎年、プール掃除は水泳部がやってたんだけど、今年は部員がちょっと少なくてねぇ…私の独断でウチのクラスだけこういうシステムにしてみたの」

    彩カナ「…」

    「掃除は来週の土曜日だから、そのつもりでよろしくね!ばいば~い」

    二人が先生の背中をぼーっと見ていると、後ろから肩を叩かれた。

    「君達が助っ人かー!よろしくー!」

    「「ハルカちゃん!」」

    「水泳部だったんだ…」

    「そうだよ~、プール掃除に来てくれるってなら私の水着姿をサービスしちゃうぞっ」

    「スタイルはいいけど、おっぱいは(ry」

    「ん?何か言ったかい?幼児体型彩ちゃん?(ニッコリ」

    「いえ…何も」

    「じゃあ当日はよろしく頼むよ、お二人さん!」

    ―プール掃除前日、カナの家
    「う~ん汚れてもいい服装っていってもなあ…体操着でいいか」
    「あっ!濡れそうだしレインコート持ってくか。ハルちゃんにも着せてあげようかな…ふひひ」
    「彩には小学生の頃着てたレインコートが似合いそうだね…プッ」

    レインコート姿の妄想を広げるカナであった。

    つづき→風物詩?-2
    関連記事
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    comment

     ▼コメントを投稿する

    管理者にだけメッセージを送る

    プロフィール

    あつ

    Author:あつ
    子供のころからレインコートが好きです。
    通学用レインコートから、透明レインコート、ビニールレインコートなど大好きです^ω^

    長靴も好きで条件が合えば履いて外出してます。
    あんまり声を大にして話せない趣味というのが辛いです…

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。